つむじハゲ女性ならコチラの育毛剤で

つむじはげを生じて悩んでいる女性は多いと思いますが、
こうした薄毛の症状は食生活の影響も大きくなっています。
食生活が変わると頭皮環境や髪の毛の状態が変わるので、
それだけでも育毛効果が現れるようになります。
どのような食生活をするのが良いのでしょうか。

 

現代の日本人の食生活は欧米化が進んでいると言われていますが、
欧米型の肉や乳製品の多い食事は、皮脂を多く分泌させる元になってしまいます。
皮脂が増えると、頭皮においては毛穴を詰まらせ、雑菌の繁殖によって、
頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

 

ですから、動物性の脂肪の多い食事はなるべく減らすようにして、
伝統的な和食のスタイルにするのが望ましいです。
日本人は髪が豊かでキレイだと評価されていて、それを支えていたのが和食です。
栄養バランスの取れた食生活をする上でも和食はとても優れているのです。

 

 

育毛のためには、髪を作るもとになるたんぱく質(アミノ酸)、
それからたくさんのビタミンやミネラルが必要になってきます。
これは、糖質や脂質が過多になりがちな現代人の食生活では不足しがちで、
野菜や海藻類を多く摂取することが必要となります。
たんぱく質も植物性のたんぱく質や、動物性のたんぱく質の中でも、
脂肪分の少ない魚や鶏のささみなどから摂取する方が望ましいです。
このようなメニューを考えていくと、やはり行き着くのは和食で、
多くの副菜があって栄養バランスを整えることができるのがメリットです。

 

また、血行を促進させることも育毛にとって大事なことですが、
何を食べるかは血液や血管に大きな影響があり、血行を左右します。
血行を悪くするのは糖質や脂質ですから、これらを血液中から減らせるようにし、
また抗酸化作用をもった食品を多く摂取して血管の状態を保ちましょう。

こんな人は要注意!つむじハゲになりやすい

女性の大敵であるつむじハゲになりやすい可能性が高い人には、
ある共通点がみられます。
言われてみれば思い当たる人がいるのではないでしょうか。
つむじハゲになりやすい人の共通点を以下に示します。

 

睡眠不足の人

女性のつむじハゲの原因には夜更かしがあります。
髪の毛が成長するのは、夜の22時〜午前2時の間だとされています。
この時間帯には副交感神経が優位になり、成長ホルモンが分泌されるので、
髪の毛のダメージを修復したり成長させたりします。
したがって夜更かしをする人やストレスなどで眠れないと
髪の毛の成長が不活発になり薄毛が改善されない状況になります。

 

食生活が正しくない人

女性のつむじハゲの原因になるのは、このましくない食生活で、
たとえば毎日の食事がコンビニ弁当やファーストフードばかりの人です。
このような食生活だと塩分や脂を摂り過ぎて頭皮に血行不良を起こします。
また、ダイエットで偏った食生活では頭皮に必要な栄養素が供給されないので、
薄毛を促進してしまいます。
さらにホルモンバランスが乱れることで皮脂の分泌が多くなり、
毛穴が詰まることで頭皮環境が悪化して、薄毛の原因になります。

 

運動不足の人

女性のつむじハゲには運動不足があります。
デスクワークが多いと身体を動かさないので、全身の血行不良を起こしやすくなります。
そうすると身体の代謝機能が悪くなり、髪の毛が抜けやすくなったり細くなります。

 

心身ともに余裕がない人

朝早く起きて朝食を用意して洗濯をして仕事に出かけ、
帰りは夕飯の買い物と夕食を用意するという忙しい人がいます。
このように心身共に時間の余裕がないと、心身が休まりませんから
つむじハゲになる可能性があります。
これはいわばつむじハゲの原因になる一種のストレスとも言えるでしょう。